PAGE TOP

勢いで口笛を吹く父さんとファミレス

ピエロは玉を降り立ち上がる

「思い」に関して本を書くとしたら、どういったことを書く?「師匠」の成り立ちなんかだろうか。それとも、一個人の観点からの見解かな。

控え目に熱弁する母さんと夕立
今日この頃、お腹周りのぶよぶよとした脂肪をなんとかしないとと思い毎晩、筋トレを頑張っている。
娘を俺のお腹にのせて一から声を出し数えながら腹筋をしたら、娘との遊びにもなるし、わが子も数を記憶するし、俺のみにくいぜい肉も落ちるし、一粒で二度おいしいことだと思っていたら、最初のうちは、真似して数を言っていた小さなわが子も飽きてしまった。

雲の無い大安の午前に椅子に座る
ちかちゃんの彼氏であるSさんが経営する物産会社で、朝食用に紀州産の梅を使用した梅干しをお願いしている。
酔うと電話をかけてくるSさんの後輩のEくんという働き者は、ほとんど話がかみ合ったことがない。
素面のときのE君は、非常に人見知りらしく、そんなにたくさん返答してくれない。
だから、私自身、E君とはじゅうぶんに話をしたことがない。
じめじめした日曜の早朝は足を伸ばして
村上春樹の文庫本が楽しいと、読書ファンの人々のお勧めを教えてもらい、初めて購入したのがノルウェイの森だ。
このストーリーは日本国内外で多くの人に読まれており、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
村上春樹の小説は、話の展開が早く、どんどん読めてしまうところが好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、主役のワタナベは、実際、生死の間でゆれているようだ。
そういったテーマをのぞいてみても、緑も直子も魅力的だと思った。
しかも、キズキや永沢さんやレイコさんという役が加わる。
みんな魅力があり独特で陰の部分を持ちあわせている。
もう何年も前に知った物語だが読みたいと思い、開いたことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と感じたところ。
なので、直子が幸せ者に見えた。

ひんやりした週末の晩は読書を
昔かなり肥満だった時代に、どうしても食べたくなったのがハニートーストだ。
ピークの時は、ディナーの終わりに4枚くらい食べた時期もあった。
さらに並行して、ポテトサラダにはまってしまい、デブの世界へまっしぐらだったあの頃の自分。
試した痩せる方法が変わったものばかりだ。
最初は、14日間スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープだけで生きる食事だ。
仕事場にまで水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
次が豆腐を夕食に置き換えるというダイエット。
全部、現在ではできない。
その後、3年ほどで栄養バランスを変えると、気が付くと半分くらいに。
なんでも地道にというのが間違いない。
そよ風の吹く仏滅の明け方に椅子に座る
太宰の人間失格を読破して、葉ちゃんの考えも分かるかもしれないと感じた。
主役の葉ちゃんは生活するうえで誰だって持っている部分を、豊富に抱いている。
そんな部分を、自分の中だけに秘めないで、お酒だったり異性だったりで発散させる。
クライマックスで、バーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その部分で、葉ちゃんは器用ではないんだと、いつも悲しく感じてしまう。

気持ち良さそうに自転車をこぐあの人とわたし
今季は、海水浴に行っていないが、海に入りにすごく行きたい。
まだ、子供が2歳になったばかりなので、海には入らせないでちょっと遊ぶぐらいだけど、思うに興味をもってくれるだろう。
しかれども、現在、オムツを着用しているので、遊んでいる人の事を考えたら海につけない方がいいかもしれない。
オムツのプール用もあるが、ニュースでも議論に発展しているらしいので。
よく晴れた休日の朝は食事を
そんなに、ドラマは視聴しないほうだけれど、ここ最近、それでも、生きていくを録画してから見ている。
加害者の両親と妹と被害者の両親と兄達が出会ってという流れで、常識的にいって起こるはずがない話の流れだ。
被害者側の家族と犯人側の家族のどちら側も悲しみに包まれている内容がえがかれている。
ストーリーの内容はとても暗いと思うが、その分、映像はきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がものすごく多く、牧歌的というのかきれいな映像がたいそう多く使われている。
来週から、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

ゆったりと自転車をこぐ父さんと穴のあいた靴下
江國香織さんの小説に登場する主人公は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
恋の一種ではあるが、心底大切に思っているのは別のただ一人。
このような女性が多く見られるような気がします。
不倫を陰だとすれば、本命は陽。
突然別人が入ったように陰が出てくる。
不倫に対する良い悪いは無視して、登場するヒロインを研究する。
私の中に新しい恋愛に対する考え方や価値観が現れることもありえる。
悲しそうに走る友達と僕
元々肉類をそこまで好物ではない食べるものはどうしても魚類が中心になってくる。
そのことから、真夏の、土用丑の日の鰻は、自分にとってのイベントだ。
東の方でうなぎを開く場合、背開きという習慣がある。
どうしてかと言うと、昔から武家社会だったので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、タブーなため。
反対に、大阪あたりで開く分には、腹開きの場合が風習。
何故かと言うと、西の方は商業の所なので腹を割って話しましょうという事につなげているから。
それでも、自腹を切るという取り方も通じるので、場合によってはタブーになる時も。
何故かと言うと、西の方は商業の所なので腹を割って話しましょうという事につなげているから。
それでも、自腹を切るという取り方も通じるので、場合によってはタブーになる時も。
この豆知識は、バス会社で働いていた時に、常に、お客さんに話していた話です。
新宿駅から乗り込みして、静岡県の三島のウナギを食べるために向かおうという内容。

無我夢中で熱弁する姉ちゃんと花粉症
知佳子とニューヨークのAbercrombie & Fitchにショッピングに行った。
私たちはアバクロンビーの服のデザインが好き。
それに、店内のデザインと、この匂いが。
3時間程うろうろして、Abercrombieを出た。
気付くと、私は通路をふさいでいたので、ごめんなさい!と言って振り返った。
そういえば、店に来ていたお兄さん。
笑って、大丈夫ですよ、など言っていた。
驚いたのは、彼のショップ袋。
アバクロンビー&フィッチでいったいどれくらい買ったの?って聞きたくなった。
その後、スターバックスで知佳子とその人の職業予測で議論をした。
本当の事は謎のままだけど。

Copyright (c) 2015 ピエロは玉を降り立ち上がる All rights reserved.