PAGE TOP

控え目に歌う弟とぬるいビール

ピエロは玉を降り立ち上がる

みんなで「うどん」について考えてみないかい?険しい顔するほど難しく考える事って無い気がするんだ、「焼きそば」のことって。

控え目に泳ぐ友人とアスファルトの匂い
ネットでニュースをいつも眺めるけど、新聞を読むことも前は好きだった。
現在は、費用がかからないで見れるネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが短時間で多くの内容を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを見つけていきやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもという話題が気になる。
デフォルトになるわけないと普通は思うけれど、仮になったら、どの国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

ぽかぽかした土曜の午後は足を伸ばして
喫煙は身体に害がある。
と、理解していても吸ってしまうものらしい。
以前、お客さんとして知り合ったコンサルタント会社の重役のおじさん。
「この体が病気一つしないのはタバコとワインのおかげです!」とはっきり話していた。
こんなに言われると、無理な禁煙は無しでもいいのかもしれないと感じる。
どんよりした火曜の夕方に冷酒を
大物お笑い芸人が電撃引退するので、ネットやニュースでうるさいぐらい報道しているが、すごくすごいです。
次々と変わる日本の首相がどの人に決定するかという内容より報道でも順序が速かった。
どなたが日本の総理大臣になろうが変化しないと思う人もとっても存在するし、それより、ゴールデンでよくみる司会者が芸能界を辞めてというほうが何かしら影響がでるということですかね。

どしゃ降りの火曜の明け方は目を閉じて
友達のちかこはなかなか賢い。
頭が良いんだなーと感じる。
あまり他者を悪く言ったりはしない。
何コイツ!?と思っても、ちょっとでも相手の気持ちを尊重する。
そうしていると、許容範囲が広がるし、我慢強くなれるのだ。
考えを主張し通すよりも、こうしている方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかない方法、悲しい思いをしても次回の糧にするやり方をよく分かっている。
凍えそうな日曜の夜に食事を
とある難しい業務が舞い込んできたとき「大丈夫だろう」と考えていた新米の頃。
その時、私たちメンバーのみんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」などと深く考えずに取り組んでいた。
そしたら教育担当の社員さんが促した内容が心に残っている。
「目標に向かって、頑張って準備を進めたからこそ、業務終了後に無事だっただけの話。
なので、みんなのように軽く過ごしていて、たまたま業務が簡単だったという意味ではありません。
過ぎてしまえば簡単だったといった本当の意味は、その逆です。
日々しっかり学び準備をしたからこそ、力が有り余って、内容がスムーズに進んだという事を表しています。
じゅうぶん取り組む気になれましたか?
甘く見ないで早く取り組んでください。」
と言うセリフ。
そして、私は頑張って勉強しじゅうぶん仕事をすることができた。

騒がしく口笛を吹く弟とわたし
アパレル屋さんって大変・・・など考えるのは自分だけだろうか。
勤務中、抜かりなくファッションを選ばないといけない。
私なんて、会社で働くときはスーツ着ればOKだし、お化粧も簡単でそれでよし。
遊びに行くときは、自分で納得する格好で良いし、在宅で仕事するときはスウェットでもできる。
だから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、関われない。
服を選んでいると、店員さんが近寄ってきてファッションポイントや合わせ方を教えてくれる。
どうしてもそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う事の大きな理由の一つだ。
ノリノリで叫ぶ子供と夕焼け
旅でも仕事でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、女性は化粧品や小物など興味がある人も多いと思う。
韓国では見た目、つまり自分磨きに関しての勢いは素晴らしいといわれる。
転職や、パートナー選びの際に、日本よりも露骨に判断されるシチュエーションが多いとか。
なので、韓国で販売される化粧品は、美容に効果抜群の成分が、日本の商品より、多く含まれている。
なので、合う合わないは出てくるものの、効果は期待できるのではないだろうか。

雲の無い休日の早朝はカクテルを
今日の夕食は家族と外で食べる事になっているので、少年はものすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と夕方にはいろいろと思いを巡らしていた。
ハンバーグやカレーライス、ソフトクリームやチョコパフェ、なんてメニュー表には何があるのかも楽しみだった。
行くのは先日開店したファミレスだ。
お父さんの運転する車は、もうじき目的地に到着する。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉ちゃんは少年の横で、携帯電話をいじっている。
少年は車から降りると駆け出して、ドキドキしながら店の入り口を開けて皆が来るのを待った。
喜んで口笛を吹くあの人とわたし
友達が、アパートのベランダにて、トマトを作っている。
実がなったらトマトソースを作りたいそうだ。
実は、頻繁に水を与えないし、ベランダでたばこをふかすので、ミニトマトの環境は少しも良い環境ではない。
1日、水をあげてないという時期の、トマトの様子は、葉っぱがしょぼんとしていて、どことなくしゅんとしているシルエットに激似だ。
気の毒だったので、水と肥料を豊富にあたえると、翌日のお昼くらいのミニトマトは生き生きと復活していた。

ノリノリで吠える家族と冷めた夕飯
タイムイズマネーは、凄いセンテンスで、ぼーっとしていると、実際にあっと言う間に時が無くなってしまう。
もーっと、ささっと仕事も業務日報も終われば、他の事の方に必要な時間を回すことが出来るのに。
例えば、ウォーキングしたり、料理にはまったり、雑誌を読んだり。
そう考えて、近頃はさらりとこなそうと気を張っているが、何日続くのか。

Copyright (c) 2015 ピエロは玉を降り立ち上がる All rights reserved.